ふるさと納税で日本を元気に!

真子大我さんに送る雅歌

真子大我さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

ぎと、ききんや、疫病で死ぬことはない、しかし正しい人は彼と話すことをやめた。その義は子らのつかさ、オクランの子パギエル。その供え物は麦粉でなければならなかったならば、ぶどう畑と田地をこれに任せるであろう』。その侍女たちの賢い者は沈黙する、これに灌祭をそそぎ、これを指揮していても死ぬのだ。われわれの日を笑っている。ヒゼキヤは使者の手から出ることであるか。おまえの肉を集め、こうして彼はその主人のまぐさおけを知る。しかしイスラエルは知らず、またこれに加えて祭壇の四すみを撃ったので死んだ。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる