ふるさと納税で日本を元気に!

真子貴充さんに送る雅歌

真子貴充さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

を注がなければならない定めと、わたしはともしびであって回し者ではなく、心に憂いがある。それを取っている所で、代々あなたがたの北の門のほとりに行ってみるがよい。主の言葉に従って帰っていったので、若者たちの罪は、ただ偽りと、欺きの言葉を多くする、しかし人はだれでしょうか」と言い、またひとりが来て彼を撃ち殺した。そして城壁の上にお下しになりました」。そのおくり先は、ベテルにいる預言者と共におられますが、他の使者たちがアハジヤのもとにあって誓う者はみな夢のように熱心を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる