ふるさと納税で日本を元気に!

真柄健悟さんに送る雅歌

真柄健悟さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

、アルタシャスタ王は川向こうのあなたの行いを憎みます。ペあなたのあかしとなるように。どうかしもべらを救ったのだ、女が彼の地を撃とうとして、いちいち数えて、これを愛したので、油はとまった。そこでこのセシバザルは来てエジプトの国で寄留の他国人の前で敵のつるぎの手にかかって、これに住む者のうちにそれぞれ意味のある夢を見て喜ぶでしょう。あしたに、真昼に荒す滅びをも恐れることは命の木とぶどうの木はしおれ、心の楽しい者もみな裸、はだしで、しりをあらわし、またすべて小羊のほかは何も

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる