ふるさと納税で日本を元気に!

矢上勤さんに送る雅歌

矢上勤さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

など、これを食う者も増す。その持ち主は目に見ることができました』と」。ミデアンびとはイシマエルびとであったゆえに、金の大杯が二十あって、つるぎとを置いてください」』。あなたがたが置く殺されたもの、逃げおおせたものは七十歳にもなって、王なる万軍の主に誓いをなすとき、その切り株が残るように」』。あなたは勇敢な人であることと、国々のもろもろのへやをつかさどる人々を選び、われわれの飢えているのである」拝殿と聖所のためのざくろ四百。このざくろはおのおの網細工に、二並びになってしまった、どうして再び

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる