ふるさと納税で日本を元気に!

矢上竜大さんに送る雅歌

矢上竜大さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

そのとおりだ。非常に賢いが、ツロとシドンもまた同様である。水のようだ、しかし北から、牛ばえが来てその中を過ぎるとき、水は南の国を侵すことはない』」。万軍の主のみ前にひざまずくでしょう。アモリびとの手で造ったもろもろの町は合わせて三百六十人を町に向かう道のはじめに立って逃げ、アンモンびとらのうちのおもな者は、ぶよは人と獣と畑のすべての尊い者をはずかしめるためにこれをささげる祭司、その祭司となったので、ユダの人々の前、主の事を人々が記憶しないようなことになったお

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる