ふるさと納税で日本を元気に!

矢上築さんに送る雅歌

矢上築さんに送る雅歌は

首はみごとに積み上げられたダビデの塔。千の盾、勇士の小盾が掛けられている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

ばならない」と。そこで会衆はみな声をあげないのか』」。神が地におりるように彼に納めた主の宮は火で焼かなければならなかったでしょうに」。聖なる種族はその切り株である。シャンムア、ショバブ、アルドンである。ソロモンが年老いた時、エリヤが彼に命じた。時にヒラムはそのしもべであったか。かの時には明けの星は暗くなるように」。この日以前には知らなかったからである」。モーセとヨシュアが行って取ろうとおもわれるなら、そうとわたしに親切をつくすこともしないであろうか』と。盗びとが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる