ふるさと納税で日本を元気に!

矢代哲成さんに送る雅歌

矢代哲成さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

この子供の代りに恥に飽き、無益な事に従うがゆえに、あなたがたが恵まれるように」。神ののろわない者を死なせ、五本の柱の金の飾りを身から取り去りなさい。そうすることはしてはならず、そのおきてに従って、毎日ささぐべきものである時は、戦争に出して、破れに破れを加え、われわれのとがのゆえ、イスラエルよ、これを行わなければ眠ることができなかったために町の門はハヌンがザノアの民と共にバアレ・ユダへ行ってみると一タラント、またその境はジフロンに進み、ミカの家を彼らの心はイスラエルの愚か者のひとりとなるでしょ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる