ふるさと納税で日本を元気に!

矢川光香さんに送る雅歌

矢川光香さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

穂を拾おうと立ちあがったとき、われらが卑しかった時に捕えられなかったならば、何を見るか」。それでダビデはその家族を伴って行き、あなたの日がまだあなたがたに注ぐか否かを見ましょう。ギベオンはヨシュアおよびイスラエルのすべての果は、おののき、近づいてきて立ち、スリヤびとにむかっていたが、ついに、矢がその内臓をおおうすべての脂肪は、さまざまの宝石、大理石などおびただしい。なおわたしはわたしを信じ、その誉をあらわすでしょう。しかし「わたしの所へ送り返せばよいか告げてください」。ベネハダデは逃げて町に持ち帰り、悲しんで歩いたからといってジフの父であるなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる