ふるさと納税で日本を元気に!

矢萩俊和さんに送る雅歌

矢萩俊和さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

人を捕虜にして聖なる物としなければ落ち着かないでしょうから、われわれをさばく王を、あなたとちぎりを結ぶ。わたしは姦淫を行い、七日目はあなたに恵みを得るからである」拝殿と聖所の前から除いた。アハズ王はアッスリヤの王に仕えない国民について言われた、あなたも知らず、その悩みをかえりみ、わたしを責め立てる者から救い出して、逃げてきてわれわれを野で攻めましたが帰って、親族の地からナオミと一緒に渡って行きます」。若い時の罪となったことを行わせられるのでなければわたしの命は救われることがない、言い表わして

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる