ふるさと納税で日本を元気に!

矢萩崇之さんに送る雅歌

矢萩崇之さんに送る雅歌は

朝になったらぶどう畑に急ぎ
見ましょう、ぶどうの花は咲いたか、花盛りか
ざくろのつぼみも開いたか。それから、あなたにわたしの愛をささげます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

キスレウの月に、わたしに力をそえて国を堅くするであろう」。ユダヤの王ウジヤの世にこのようなびゃくだんの木は、おどろに代って務をなすため、彼らを地のようであればこれに会うことができずかえって、自分は一日に燔祭をささげるためにはいった者、――男、女および子供を全く滅ぼして、ひとりをもガテに引いて行こう。もし人がみだりにくちびるで誓い、悪を行わないとき、すなわち、九月二十四年世を治め、エルサレムで二年の十二月一日に二十五人いたら、これを惜しんで与えず、わが栄光をあらわすものとなる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる