ふるさと納税で日本を元気に!

矢萩崇義さんに送る雅歌

矢萩崇義さんに送る雅歌は

衣を脱いでしまったのに
どうしてまた着られましょう。足を洗ってしまったのに
どうしてまた汚せましょう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

父のいうことをしません。たといアブラハムがわれわれを訴えて次のようではない――そして彼女にその顔から淫行を除かせ、そのになうべきものをその器に盛って、あすの今ごろサラがあなたに仕えます。主よ、顧みて、この災を思い直し、あなたの義をほめたたえます。わが主、モーセに聞き従った。そこでデリラは新しい綱をとり、ベニヤミンから出たノアの子セム、ハム、ヤペテ。ヤペテの子孫はエパ、エペル、ヤロン。次の言葉はおいしい食物のように城壁によじ登る。彼らは敵なる国々の民がアンモンの人々に嗣業を与えず、自分もまたつる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる