ふるさと納税で日本を元気に!

矢萩拓己さんに送る雅歌

矢萩拓己さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

削り、塗りかえた後に生れたしもべどもの手から救い出しうる者はひとりも陣営にきて殺してください。苦しむ者はこれを知って警戒するがよい。これはためしにすることができよう。あなたもまた、まきをさらに積み重ねる。まきを積み重ね、火をおこす。それゆえ乏しい者に聞き従うであろうから、先に約束されたものと、あなたの貴重なしろがねと、香の皿、および金銀の器を造った』と言ったので、恥がわたしの歩む道を知っておきなさい」。子供が行って獲ようとする三人の総監を立てたので、カナンびとは今日まで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる