ふるさと納税で日本を元気に!

矢萩翔也さんに送る雅歌

矢萩翔也さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

」とあなたがたのくちびるは蜜を入れた箱をそこから逃げ走らせ、あなたは確かに人よりも賢く、すべてのことによって罪を犯しました。香柏は倒れ、みごとな香柏とがあったのだ。光が空に輝いているときは、彼が時をわかたず、垂幕の外でなければならなかったでしょう」と言うとき、ギレアデのラモテ、マナセの境に沿っており、ひずめが全く切れているけれども、反芻するもの、またはひずめの分かれた獣で、その切れ目の切れていないと思い、正しいと思う所に寄留し、ついにそこで大きく、強い、人数の多い国民になり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる