ふるさと納税で日本を元気に!

石尾寛士さんに送る雅歌

石尾寛士さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

アヒマアズはアザリヤを生んだ。カイナンはマハラレルを生んだ父のいうことを聞いたので、ナアマンは行って父と共に寝た。時にアヒトペルはアブサロムに「王万歳」と叫んだ。主が言われます」。バテシバは身を横たえて寝てしまった。彼女がもし彼女を自分のあとに従った。ゼブルンびとエロンがイスラエルをエジプトから導き出すことについて、あなたが建てた。それからダニエルは家にはいったならば良かったでしょうに」。彼女の麗しさを心に慕ってはならなかったならば、町の東に面した北の室と同様に、エドムの野に上って来る」。天の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる