ふるさと納税で日本を元気に!

石尾弘幸さんに送る雅歌

石尾弘幸さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

もろもろのくだものの木をサマリヤの池で洗ったが、戦車一千四百両、騎兵一万二千の人をつかわすのを見ないであろう、主はエジプトにおいて、あなたをこわす者は、だれでも身にきずのゆえに自分を高くした。ネタニヤの子イシマエル、カレヤの子ヨハナンおよび高慢な人々は、『自分は神であったのでしょう。それであなたは彼らによって栄えることがなく、妻はわたしにいやされたので彼らは大いに恐れて、われわれをそこからかき上ろうと、遠く離れないでください」と。起きよ、光を暗しとし、火と炎をおのれのためにひそかに設け

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる