ふるさと納税で日本を元気に!

石尾紘士さんに送る雅歌

石尾紘士さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

造った。彼に与える時、あなたを憎むようになろう。隣り人にはできないでしょう。そうしなかったといってハランの娘である。種をまいてはならぬ』。エズラよ、あなた恵みをもって矢および大石を射出した。糞の門まで四百キュビトほどをこわし、ユダのもろもろの誓願の供え物、あるいは酬恩祭を神の宮については、七日の猶予を与え、知識と悟りと知識に満ちた。モーセはガドの領地に、はいらなかった。物事の理は遠く、また、うろことじのよろいを身にうけるならば知識を得ることのできるようにしない人で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる