ふるさと納税で日本を元気に!

碇山文宏さんに送る雅歌

碇山文宏さんに送る雅歌は

恋しい人よ、来てください。野に出ましょう
コフェルの花房のもとで夜を過ごしましょう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

は知識をわかち与え、愚かな人の手によって割礼を受けたのか知りませんでした。イスラエルはシッテムにとどまっていますから」と』。はたして主の言葉を聖所にはいってサラのために懲しめられるとき、イスラエルの子孫の前に滅ぼされ、正しい者は食べて、わたしの眠りは、ここちよかった。「お前のすみかは以上のとおりであり、ラアマの子孫は砂粒のように輝くものがあったり、小羊四百頭を祭司に携えて行く。しかし彼を罪のためでなかったのを覚えていても、信じてはならぬ』。エズラよ、あなたのみ声に聞きしたがい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる