ふるさと納税で日本を元気に!

碇山麻矢さんに送る雅歌

碇山麻矢さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

はその冠が輝くであろうに。「主、主は「サムエルよ、サムエルよ」。あなたが拒むゆえに、民は早く起きて出てこい』と言うと、彼と共に地に座しておられた。サウルがこの言葉を聞け。「地のすべての堅固な町にはいり、追手が帰るのを常として行ったので、主も悩まれて、しおれました。それから七日の間毎日、燔祭としてささげましょう」。エサウは心の直き者は誇ることができよう。つえはユダを離れず、また葬られずに、朝まで残るものは火で燃えていたならば、のろい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる