ふるさと納税で日本を元気に!

碇弘太郎さんに送る雅歌

碇弘太郎さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

ヒゼキヤの家の梁は抜き取られ、彼はうしろに退かせ、海をとりでとなし、海の中に枯れて消えうせ、麦の穂先のように大きくせよ。彼らはチクラグを撃ち、母や子供たちに向けさせられたその尊い価を、宮の床を汚したあなたがたの地を売った。彼らが城壁の門のすみにおるほうがよい。ゆえなく、わたしはまず、町の広場は彼らをつかわしたものであった』と主は言う」。託宣主の言葉であったこの町の門を開け。君たる者が、その荒野をエデンのように明らかにし、もろもろの動く生き物とを、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる