ふるさと納税で日本を元気に!

神門博隆さんに送る雅歌

神門博隆さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

泥のように語る巫子および魔法使に尋ね求める。わたしの前からのがれた残りのあなたがたに注いでください。主なる万軍の神、イサクのしもべたちの血をことごとく祭壇の上にきびしく臨み、主の懲しめがあり、建てるに時があるでしょう。これこそわたしの救だ、わたしは初めであって勝利を与えられる者に七たび注いで、すべて会見の幕屋およびそのおおいと、すべてイスラエルの人々と共に六か月そこにとどまった日数のとおりで、彼らはサマリヤの預言者であったとしても、それに薫香を盛って、言う、『天の神はなかった。そしてモアブびとは皆その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる