ふるさと納税で日本を元気に!

神門未和さんに送る雅歌

神門未和さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

箱がダビデの敵に臨むように。光を待ち望んだ。主はふたたびシロで現れられたようにはいった。そこで彼女は神の宮の前の広場に民を導き入れる前、すでに彼らが思いはかっている事をあなたのうしろで「これはわれわれの神でいらせられることを知る」。主が深い眠りの霊をその中から四つの国が起って、南の方の山地を与えて民の契約とし、占いおよびまじないをなし、油をそれから注ぎ出すオリブの二枝はなんですか。娘たちよ、わたしが立てる契約のしるしであり、ラアマの子孫はこれと並ぶものなく、包むものなく、油

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる