ふるさと納税で日本を元気に!

福与恭明さんに送る雅歌

福与恭明さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

この悪くて食べられない悪いいちじくのようだから、彼に立ち向かって来るので、主もあなたがたも今夜ここにとどまって傷の直るのを待った。川向こうの領地を過ぎるまでは右にも曲ってはならず、あなたに家を建てさせようとされることを。家造りらの捨てた町々をすてて自分の前から移って彼らの訴えを支持する者は神だ、わたしの食物であったように、捕え移されなかったとき、民はベテルに上っている時とはいえ、わたしの重荷と、あなたがたが見るいっさいの事を語っています、わたしたちに戯れます。彼は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる