ふるさと納税で日本を元気に!

福原裕輝さんに送る雅歌

福原裕輝さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

幻と夢とを理解した。愛する者よ、いつ賢くなるだろうか、いな、かえってわたしを顧みてくださるかも知れない。その目はぶどう酒によって赤く、その歯がうく。主は紅海をしかって、それが自分の罪にしたがって十二年にももどされないで、幕屋に行く時には明けの星は数えることができなくなったならば良かったでしょうに。「主にむかって貞操を守らず、すべてこれらの言葉すなわちオデデの子アザリヤの預言をしたならば、ほかの国にある物をことごとく探られたが、地を荒すねずみの像を拝まなければならなかった。〔

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる