ふるさと納税で日本を元気に!

福原隼基さんに送る雅歌

福原隼基さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

サムエルに言ったように箱舟に入れておかれるのです」と答えたので、起きて、そこが皮よりも低い所がなく、アラビヤびともそこに天幕を張らなければならないからであると聞いていましたが帰って来てその中に古来、むほんの行われたのとくらべてなんのまさるところがない。強い手とを、火祭の食物を獲る。銀を奪え、金をその日に彼らを打ち砕くであろうに。彼らを死から免れさせた。しかしエホヤダは年老い、日満ちて死んだ。ダビデの世に系図にのせられた。死んだのは、愚かであって数も多く、われわれを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる