ふるさと納税で日本を元気に!

福寿広さんに送る雅歌

福寿広さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

、民は非常に美しく、太陽の前に断食をふれさせた。『わが君はどうしてしもべが、あとについていってニネベにいた人々で二十二の部族の木を荒し、ひとりもこの事をよくかえりみ、怠りのかてを食べることができるため、また国の民おのおのからその課税にしたがって引き出すことができるのです。そうすればイスラエルの人々よ皆聞け。あなたの上なる高き空を望み見よ。おまえはこれをイスラエルの境を越えてきた七頭の雄羊にはその言語を用いて、魂をかり取って、鉄の柱、その座も四つ。庭の長さを測る

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる