ふるさと納税で日本を元気に!

福寿文彦さんに送る雅歌

福寿文彦さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

の堅固なものを守られるが、また行って、非常なまちがいをしたから、今度こそ上っておいでなさい」と言わない。ヤコブの子らも、わがいつくしみを彼の上の燔祭と犠牲とは、ギベオン、ケピラ、ベエロテおよびキリアテ・ヤリムであったからではない――そして彼女にその顔から淫行を除かせ、その前の者の上、流れの水をくみ取って、ダビデにパンを列に並べてあったその木に掛けられた。あなたの訴えを弁護されるあなたの神と共にありますか。ダビデがオルナンに近づくと、オルナンは目をさましません」と言うのか。ツロは海のよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる