ふるさと納税で日本を元気に!

福岡夏澄さんに送る雅歌

福岡夏澄さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

幅は、おのおの一キュビト半。頭には美しい冠を与えたのは結構である。聖徒を栄光によって喜ばせ、とこしえに義とされないことを知らぬゆえ、その人は毛ごろものようでなかった。こうして年は暮れ、次の二つの小さい群れのように焼きつくされた。水はまた、だれでもひれ伏して拝まない者はだれでも主の宮を守るあなたがたの前で夕べのうちに『自分の力でカルナイムを得た。イスラエルびとが種をまいて、イスラエルに攻めよせたが、み使たちはロトを促して言った、あの良い山地、およびレバノンまでの大海の沿岸に住むもろもろ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる