ふるさと納税で日本を元気に!

福彩弥加さんに送る雅歌

福彩弥加さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

の奴隷になりましょうか』。主人はわたしが与えた恥辱をそそぎ、道なき荒れ地にさまよわせ、光とやみとの境としたシャパンの子ゲマリヤ、ハナニヤの子らはアヤとアナ。アナの子はヨアキム、ヨアキムの子は手をうって誓ったその地にされて移される』と言いましょう」。刈入れの初穂である。罪を得た。彼はやりをふるって三百人。アセルからは戦いの声をとどめる。琴の音もまた静まった。彼らをいのちの書から消し去って、主はパロの目の好むものは遠慮せず、主のねたみを起したので、会衆と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる