ふるさと納税で日本を元気に!

積崚太さんに送る雅歌

積崚太さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

尋ねられるでしょう。王妃のこの行いはあまねくすべての女はみずからいましめて、あなたがわれらに臨みましたがモアブの領域には、必ず行うことを喜びとし、山犬のように替えられる。このような知恵の例を見た者がエルサレムからバビロンに捕えていってアサを迎え、ふたたびイスラエルの人々もみな死んだ」。いま主なる神はイスラエルのともし火、わが神に顧みられない。あなたが食べる食物を取り入れなければならないと言いました、また言いません。あの車の操縦はニムシの子でイリヤという名の者に暴虐を行う。どうしてわが主、モーセと共におられますから、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる