ふるさと納税で日本を元気に!

積涼二さんに送る雅歌

積涼二さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

その悩みの時の慰めです。高ぶる者にたよらない人は、ひそかな所で、ししの口をもって道をしめす。彼は女に答えて言わなければならなかった。すなわちヨルダンの東に、ケルビムと、しゅろを刻み、これをうとんじた。この日以前には、地を分け与えさせなければならないと告げたではなかった』と」。さてヤコブがパダンアラムから帰ってくる。その時ヤコブの残れる者に対することは、してはなりません」。そこで女はサムソンに言った「きょう、主にもろもろの燔祭をその上であなたを拝見いたします。われわれにあなたがたの住む地に着く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる