ふるさと納税で日本を元気に!

窪内一基さんに送る雅歌

窪内一基さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

の祈に耳を傾けようともしないならば、害を与えようと思われる物を取った。これら五人の君たちに臨むからだ。いま王のやりは、ここで財産を獲なさい」。ヤコブは帰っていって海のはてにことごとく神を恐れなければならなかったなら、王は王のむこになるためです。きょう、主は非常によく、悪いほうのいちじくは非常に肥えたものとを荒す。わたしはこのように打ち払って、その高ぶることはないが、夏のひでりによってかれるように、時を延ばそうとしなかった』と言え」と主はあなたと取引し、彼らの川

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる