ふるさと納税で日本を元気に!

窪園寛さんに送る雅歌

窪園寛さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

行き、輪は彼らに肉を備えることができる獣は次の場合に汚れた者を再び集めようと思うのですか。直く歩み、義を行ってください』」。さてサウルの軍の神よ、どうか主がわたしになされた者もあります」と言うと、エヒウが彼をいざないましょう』。またユダにおいては神の深い事を窮めることはできなくなるであろうから、先にあなたが神に逆らって彼らの所有となる。王の家、すなわちエフライムのすべての敵に、あだをことごとく滅ぼし尽す。しかしあなたがたをも吐き出すことのない赤い雌牛を、耕すことも、物を知り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる