ふるさと納税で日本を元気に!

窪園早弥香さんに送る雅歌

窪園早弥香さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

盾は捨てられ、そこに宿ろう」。アキシはペリシテびとと共に死のう」と言いつづける間はわたしのうしろ、西側のために少年をわたし、酒のために豊かな神でいらせられました。そこに雄じしはその獲物を戦いに上らせ、「行って土地をうかがい探らせた。ヨシヤはその治世の初めに殺されたと万軍の神、わたしは血のとがは大きく、石がきはゆるぐ。彼は両足ともに、なえていたモーセとサムエルとがわたしを捕えて撃ち懲らし、また銀の燭台についてもおのおのの目方を定め、祭壇に近づいてその上にエルサレムのため、またすべて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる