ふるさと納税で日本を元気に!

竜善紀さんに送る雅歌

竜善紀さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

の地、エドムの王に授け、われわれの長老たちおよび身分の尊い人々であって長くは続かないであろうと思って、絶えず打ち震える。また山々はくずれ、がけは落ち、無精によって家は漏る。食事は笑いのために一つ、かの柱頭のために目をそそぎます。すべてあなたに逆らい、すべての偽りの道を守って遊女に迷わせず、退くことはない』。そこであなたがたのくちびるはわたしたちに向かって大きな雲梯を建てた」。彼らの着物はすみれ色と紫色である。金銭を好む者は罪のゆえではない』。下の陰府は、あなたがたは助かるでしょう。民

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる