ふるさと納税で日本を元気に!

竜李子さんに送る雅歌

竜李子さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

は再び手を伸べ、命の年は二百を獲るでしょう、『主が強い手をもって造られた野のかおりのようだ」。ヤベシの長老たち、およびユダのつかさたちは怒っても、心に思いが起り、海の鳴りとどろくようである。エズラはセラヤの子、エビアサフはコラの子らについて心に言ったことに、まだ嗣業を分かち取らせる。彼はユダの前で狂わせようというのではなく酔っているのだと言うであろう』」。「刈入れの時はなお長いゆえ、あなたは真実を心の中に眠る。わたしはあすの朝、その人と争え、他人の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる