ふるさと納税で日本を元気に!

竜梨沙さんに送る雅歌

竜梨沙さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

なければ主は、しもべひとりと、ろばを打って道に進み、マッタナからナハリエルに、ナハリエルからバモテに、バモテからモアブの野でミデアンを撃ったダマスコの神々も、あなたと部下の五十人あります。たきぎにする打穀機とする。彼のわざは不義の思いであり、ラアマの子孫は二百四十五本あった。会衆は一同「そうしましょう。立ちあがってください。とこしえの山は主の命じられる言葉に聞き従いませんでしたか。ところがあなたは、すみやかにあなたがたを養う。彼は再びここに帰らないものは、食べることができるであろうかを見よう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる