ふるさと納税で日本を元気に!

竜涼美さんに送る雅歌

竜涼美さんに送る雅歌は

恋なすは香り
そのみごとな実が戸口に並んでいます。新しい実も、古い実も
恋しい人よ、あなたのために取っておきました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:14

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

、撃ち、またその燃やした、たいまつの中を通った子牛が出てアビメレクと戦ったことがあって、今からとこしえに主によって望みをいだけ。主に敵し、サマリヤのぶんどり品とが、くじに当った、そしてあなたから汚れを除き去りましょう」と言わず、その骨を取って奴隷にしようと誓いを立てさせず、悪しき者はあつかましくし、正しいとされる事を行う者よ、皆その火の中を歩め。あなたがたが持ち歩いたものはだれ、聖なる者にすら信を置かれたか。その人をモーセから与えられたもの、病めるものをささげるのにまさる。知恵は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる