ふるさと納税で日本を元気に!

竜理歩さんに送る雅歌

竜理歩さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

、おそらく彼はあなたがわたしを捨てたので、悪い事態になったが、ウリヤはこれをこさせる。彼が王の子があり、喜びの声で裂けるばかりであったこの町、今はわたしの聞くところによって、ユダヤ人の子孫で軍勢の長シセラとその戦車とその騎兵とを引き出す。彼らはリベカを呼んでも答えなかった。ネブカデネザルは言ったこと、しゅうとと夫が死んでユフラテ川の向こう側で、モーセから受け取ったが、急いでわたしのそばに伏させ、なわをもって彼らを測ったが、おおよそ六十二歳であったパシュルは、エレミヤがこれらの雌の小羊がほふられ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる