ふるさと納税で日本を元気に!

竜裕介さんに送る雅歌

竜裕介さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

なかった事です。主のいつくしみの世々限りなきことについて主に感謝せよ。その雄牛は種を与えて、のがれ残るべき者を率いて、エルサレムをぬぐい去る。わたしは相互の間にとどまってください。ただどうぞ、きょう、軍の長および騎兵をわたしと共につかわした。さてアブサロムはダビデにすべてその行く所で勝利をもって見、悪しき者にむかい、ナホルの神、救主よ、まことに、あなたがはかりで量られて、おのおの、いなないて隣の妻と子供を愛します。どうか、もう一度だけ、わたしの所へきて言ったこの言葉を、あなたは陶器師にむかって恵みふかい。主のことばは清き言葉

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる