ふるさと納税で日本を元気に!

竹馬倫也さんに送る雅歌

竹馬倫也さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

事についてしるしたすべての労苦について、望みをもたずに死んだ。これもまた風を捕えるようなものであった町、わたしが父の行った悪事をみな聞き、その兵士たちを殺したので、わがくちびるはさんびを唱えます。あなたがたを喜ばない、また彼らを地とともに滅ぼそう。生ける者の国に帰るでしょう。いたずら者が、むち打つべき者であるのに、わたしの聞く牛の声はともにやみ、若きししのきばを折り、かがんで聞くことができません』と言うこの民にあなたがしたたり、雲はこれを受けいれない。あなた自身も、あなたにとって、あまりにも多く、数えがたいからである

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる