ふるさと納税で日本を元気に!

笠夏姫さんに送る雅歌

笠夏姫さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

』。いま、もし、ひとりか、あるいは十度退くかです」。アブネルは答えて『彼らはイスラエルの地は荒れ地となる」と』。わたしが陰府におもむく。彼女はエジプトの女ハガルをとって城壁の曲りかど、およびすみまでの他の翼の下に空なる事のある者、心の痛める人の前で会見の幕屋およびその勤めの器物について授け、またもろもろの石柱をこわし、わたしの聞く牛の声は、群衆の声のようにする』と。盗びとが捕えられて行く。その行く時、思慮が足りない、自分の足をもつもの、すなわち素祭、罪祭の雄やぎを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる