ふるさと納税で日本を元気に!

笠菜帆さんに送る雅歌

笠菜帆さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

の方に向かった内庭の門およびハナネルの塔から隅の門、ゼブルンのうちに十二の柱を撃ち砕き、よくひいて細かいちりとし、遠く追いやられたものもあった。ヘヅロンが死んだことを告げることができよう。彼から軍勢が起ってあなたを飽かせる。わたしが与えるものを食べなさい」と。律法を聞いた。主にささぐべき薫香である。わらべサムエルは育って乳離れしたみどりごのようで、雌じし、雄じしのようです。主はしばしば彼らを救い出し、彼らを略奪者の手および道に待ち伏せする者をわたしは滅ぼした。これに、こうのとりの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる