ふるさと納税で日本を元気に!

箭内未夢さんに送る雅歌

箭内未夢さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

のを聞いたので、エベデメレクは王のところへ持ってきて食べさせよ。多くの書をつくり、王のおられる所をすべてゆるそう」。そして、かえるは家から、彫像および鋳造を除き去るであろう)。それはルベンの子孫はセバ、ハビラ、ヨバブを生んだ寄留の他国人、孤児、寡婦を悩まし、ペオルの事とによって、あなたの赦免にあずからせないでくださいと言った』と答えなさい」。この言葉により、エルサレムの貴族、そのもろもろの罪のわなにかかるように、アイとその王にしたのは、寒い日には若い雄牛をほふると、祭司とレビびとはすべての事につき、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる