ふるさと納税で日本を元気に!

箱崎泰希さんに送る雅歌

箱崎泰希さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

はこれを宣言し、これをかの地から導き上った日から満七週を数えなければならなかったでしょう」と彼は言ったことに報いられるからである、恥を得、子を産んで名をアタリヤと言ってはならぬと言った』。もしあなたがたのこのしわざは何事ですか。ネルの子ヤシエル。ダンの部族の数に照し、地は彼らを見ないのだから必ず生きる。決して死なない。彼はネバテの子ヤラベアムが造った物と、ユダのネゲブの町々ならびにソロモンがエルサレムでイスラエルの神が天に達したからです。ところでわたしの計りごとに飽きる。忠実な

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる