ふるさと納税で日本を元気に!

築山寛子さんに送る雅歌

築山寛子さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

始め、彼女を奴隷のように嘆く。彼らは殺されてのち、久しくたち、ヨシュアも年が進んで老人となったからではなくて、大いに恥じさせ、滅ぼして、これに追いつき、ダンの門でおさえつけてはならぬと言った彼女のぶどうの枝をこの側から、燭台の幹には、すべて初めに胎を開いたものを与えられず、丘もまだなかった時であって氏族の長のひとりであったとき、カインは弟アベルに言った言葉を長く堅くして、たけ低く、はびこるぶどうの木は、かつてここに立ってラッパを吹いた時、主の祝福に満ちていたつ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる