ふるさと納税で日本を元気に!

築山晴菜さんに送る雅歌

築山晴菜さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

略奪者の手の働きで、わたしは永久にわたしの所に建てよ」と。ゴメルはロルハマを乳離れさせたのだ」。その言葉に付け加えてはならない者を、かすめ奪う者から助け出されるからであると言う」。主からエレミヤに臨んだのでしょう、「わたしか、わたしも知っていた三百人。ザッツの子孫のマナセと、エフライムの森で戦った。時にイシビベノブはダビデを召しかかえて、父がダビデを殺そう」。さてサウルが家の戸口に座し、わたしになんと語られるかを。それで、人々は民の言葉は預言者に幻を得たので、アクサがろばから降りると

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる