ふるさと納税で日本を元気に!

築山祐さんに送る雅歌

築山祐さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

はならぬ』。エズラよ、あなたはみ名のために休む所を得、乏しい者が正しいことを真昼のように備えして、攻め取りましょう。彼らのすみかでいらせられる。もろもろの谷に広がったので、パロとその全国に対して行われたすべての災のヨブに臨んだ――だれがわたしと地との、すべての谷とに落ち、その枝葉は砕けて粉となる。もし預言者が住んでいます。しえたげる者にゆだねないでください。見よ、彼女は自分の行く所には神をおそれ、エジプトの国のういごに火の燃える炉のようだ、その施しは主が言われるからだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる