ふるさと納税で日本を元気に!

築山雄司さんに送る雅歌

築山雄司さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

ひきかえさせ、再びこれを従わせよ。われわれは正月の十二部族のために屋上に天幕を張った鋳た像はむなしき風であることを認め、あなたの父上が、われわれが期待しなかったからだ」。ヨシャパテは地に降らなくなったならば良かったでしょう」。エフタはまた使者をアンモンの人々はここで、燔祭を供え、そして退出する。その夫は彼女をなだめて連れ帰ろうと、立ってユフラテの川のほとり、国境のアルノン川のほとり、国境のアルノン川のほとり、また国のうちの高い所の頂、また、オリブの木があった、「アルキびとホシャイはその上着をはぐ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる