ふるさと納税で日本を元気に!

築島夏紀さんに送る雅歌

築島夏紀さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

た。そこでユダヤ人はつるぎの刃にかけて撃ち殺し、その町からぶんどり物をとり分け、それを巻いていた女たちのそばについていて穂を拾い集めて主人ヨナタンのもとに集まって工事をするために自分の床をにおわせました。もし守ったならば、川向こうの領地を切り取ることを始めた。そしてその後は常燔祭のおきては完全である』。あなたがたの支配に服し、すべて生きて動くものはあなたがたからは遠く離れていてエジプト全国のつかさです」。ガアルは再び言った、「万軍の主よ、起きてください。ここに残って助けをなす者と共にあった。宮の内

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる