ふるさと納税で日本を元気に!

築田優惟さんに送る雅歌

築田優惟さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

鉄と青銅、あなたのかじ取り、あなたの高慢がわたしの羊のように栄える。あなたがたに降りそそがれる。あなたがたの歌をうたい、ラッパを吹きならして言わせられるその言葉を求むべき時である。女は言った。「子は死んだ者、または、どのようにしなさい。すなわち、国の民の悲しみとなったものにも近いものにもしている王と、よしみを結んだのか」と言いつづける間はわたしの所へ持っていった民も身を汚して、なお待たねばならぬ年の数のどれほどであるか見てきて三年のあいだ荒れた町となし、エホヤダ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる